ゴルフの珍ルール⛳

スタッフブログ
2021.04.10

こんにちは🌞

初心者専門ゴルフスクール「池袋ゴルフクラブ」です⛳

春らしい気温が続き、コースへ出るご予定が増えてきたのではないでしょうか。

 

ゴルフは唯一審判のいないスポーツであるため、ラウンドに出る際はルールをきちんと把握する事が重要になってきます。

そこで、今回はいつか使うかもしれない(!?)ゴルフの面白・珍ルールを紹介していきたいと思います😄

 

①ボールがサボテンの近くへ転がってしまった際、棘が刺さらないようにサボテンにタオルを置いてスイングをすると2打罰のペナルティ。

なかなか想像しにくいシチュエーションですが、ゴルフは自然の中でプレーする競技であるため、正当な理由がなければ周囲の環境を変える事はできません。

ボールがサボテンの近くに転がった場合は、サボテンではなく、サボテンと接触してしまう体にタオルを巻きましょう🤗

 

②ガラガラヘビの近くにボールがある場合はボールを無駄罰で移動させることができる。

これはコースでよく見かける状態とは全く異なる危険な状況であるため、適応される例外的な対応らしいです。

皆様もラウンド中にガラガラヘビと遭遇した際には、安心して無駄罰でプレーを続行してください😆

ちなみに、モグラの穴にボールが入ってしまった時も同様に無駄罰で救済を受ける事ができるそうです。

 

③子供がバンカーで砂遊びをしている場合、邪魔してはならない。

これは一般人が入れる特殊なゴルフ場のローカルルールとして適応されるそうです。

子供の成長を暖かく見守りましょう。

 

 

いかがでしたか?

是非次のラウンドに行く際参考になさってください😁

カテゴリ
お知らせ(28)
スタッフブログ(299)
インストラクターブログ(210)
コースレッスン(1)