アプローチの構え方

インストラクターブログ
2019.10.31

こんにちは!

初心者専用ゴルフスクール「池袋ゴルフクラブ」のヘッドインストラクター石井です!

今回はアプローチの構え方について紹介していきたいと思います。

距離が小さくなるごとに振り幅だけではなく、ボールの位置・足幅・クラブの持つ長さ・足の向きが少しずつ変わっていっているかと思います。

これは徐々に飛ばしにくい形を構えで作っているのです。

ボールの位置は右側へ、足幅は狭く、クラブは短く、足の向きはオープンスタンスへ(両足を左方向へ向けていく)ということを、距離が短くなるにつれ徐々に大きくしていく形です。

アマチュアの方の中には20yのアプローチも60yのアプローチも同じ構え方をしてしまっている方がたくさんいるのですが、それではその距離を飛ばすための準備が出来ていません。

距離に合った適正な構え方を作るのもアプローチでは非常に重要になってきます。

ぜひお試しあれ!

 

カテゴリ
お知らせ(31)
スタッフブログ(807)
インストラクターブログ(303)
コースレッスン(1)