グリーン上のマナー⛳

インストラクターブログ
2023.11.25

こんにちは!
初心者向けゴルフスクール「ドリームゴルフ池袋」インストラクターの清水です。

 

皆さんはゴルフのルールについてどの程度ご存じですか?

そもそもゴルフは自己申告制、「審判は自分」という他のスポーツにはあまり見られない特徴を持っています。
なので初心者の方もマナーはもちろんの事、ルールについても最低限の事は知っておいた方が良いですね。
友達同士でラウンドする時はそこまで気にしなくても良いかもしれませんが仕事関係や目上の方とのラウンドの時は最低限の事は知っておいた方が安心です。

 

という事で今回からシリーズで「最低限知っておきたいルール&マナー」ついてお伝えさせて頂くので一緒に勉強していきましょう!初回の今回は「グリーン上でのマナー」について以下5点を覚えておきましょう。

 

・ボールマークの修復
自分がつけたボールマーク(グリーンオンさせた時の落下痕)は必ず直しましょう。余裕があれば自分以外のボールマークも直すように心がけましょう。

 

・ボールマーカーは真後ろ5cm以内の箇所に置く
グリーンオンしたらマーカーをセットしてボールを拾い上げますがマーカーはボールの真後ろ5cm以内の箇所にセットしましょう。ボールの真後ろが推奨されていますが横に置いてもルール上は問題ありません。他プレーヤーのラインに被る際は横にずらしましょう。

 

・他プレーヤーの邪魔にならないように
「他プレーヤーのプレー中は静かに」「他プレーヤーのラインは踏まないように」など、他プレーヤーの邪魔にならないように注意しましょう。

 

・待機場所
他プレーヤーのプレー中はそのプレーヤーの視界に入らない所で待機しましょう。
特にラインの延長線上(前後)には立たない、自分の影が他プレーヤーのラインにかかる所には立たないようにしましょう。

 

・グリーンを傷つけないように
グリーンの芝生はとても繊細です。
走ったり飛び跳ねたり等のグリーンを傷つける行動はしないようにしましょう。

 

まとめると「他のプレーヤーの邪魔をしない」「グリーンは繊細なので大切に扱う」という事です!

次回はグリーン上でのルールについて触れていくのでお楽しみに!

カテゴリ
お知らせ(33)
スタッフブログ(1156)
インストラクターブログ(328)
コースレッスン(4)