青色と赤色のコントロール⁉

インストラクターブログ
2021.04.02

こんにちは!

初心者専用ゴルフスクール「池袋ゴルフクラブ」のインストラクター貝瀬です⛳

 

このタイトルは、今流行りの「クラブハウス」で教えて頂いたので「パクリだ!」と怒られたら変更もしくは、削除になります!!笑

ゴルフは、普段の練習もですが特にラウンド中の「メンタルのコントロール」が重要になってきます。

「途中のミスにイライラしてしまって、ショットが乱れた」とか、逆に「楽しいラウンドだったけど、いまいち集中出来なかった」などあると思います。

そんなメンタル状況を色で例えて考えてみて下さい。

【赤】

・やる気、強い気持ち、集中力など….

【青】

・冷静、落ち着いている、優しい気持ちなど….

この色分けによって、ラウンド中の自分の色の比率がどんか感じなのかを把握しコントロール出来れば俗にいう「ゾーンに入った」状態を作ることが出来ると思います。

ポイントは極力5:5になることです!!

気合が入り過ぎて「赤9:青1」だと空回りしやすいですし、逆に「赤1:青9」だと集中しきれなかったりします。

昔、これも聞いた話ですが(今日は人から聞いた話ばかり)

甲子園時代の斎藤佑樹投手と田中将大投手の話です。

斎藤投手は、本当は短気ですぐに切れやすい性格だった為、あえて冷静になってもらう為に「青色のハンカチで額を拭く」という行動をしてもらったそうです。

反対に少し気持ちが弱い田中投手は、「吠えたり雄たけびをあげる」ことによって、相手に気持ちで負けないようにしてもらったようです。

先程の色の話に戻ると、普段の性格を見抜いていざ!という時は逆の行動を取ることによって色のバランスを5:5にし、結果どちらも成功した形になったということです!(もちろん、とてつもない練習をしているのは大前提で)

皆さんもメンタルをコントロールして、「ゾーンに入る」を体感してみましょう!

是非、参考にしてみてください!!

 

【YouTubeチャンネル】

「初心者専用ゴルフスクール」ドリームゴルフ銀座チャンネル

こちらも是非、ご視聴下さい👀

カテゴリ
お知らせ(27)
スタッフブログ(265)
インストラクターブログ(201)
コースレッスン(1)